安心をお届けするために保障制度を充実させています

はじめに

ローコスト住宅

品質優先の考え

営業エリア

お知らせ

4つのテーマ

快適な家

もみの木

安全な家

安心な家

会社について

会社概要

アクセスマップ

お問い合わせ

資料請求

エクストラ

フォトギャラリー

OBのお施主様へ

サイトマップ

サイトポリシー

  1. 山下住宅山下住宅
  2. 4つのテーマ
  3. 健康な家

家族の健康を守る、もみの木でつくる家

“木の家が良い”と聞きますが、どんな木でも良い訳ではありません
木の種類によって、性質が全く異なります。その性質をよく理解した上で、目的に合わせて
木を選び決定していくことが良い家づくりに大事なことです。
そんな数多くの種類がある木の中から、“健康”という点に着目し、選んだ木があります。

クリスマスツリーでお馴染みのもみの木です

結論だけが見たい“お忙しい方”はこちら

クリスマスツリーでお馴染みのもみの木は、宮崎の健康な家づくりに欠かせない材料です。

もみの木はクリスマスツリーだけでなく、昔から御飯を入れるおひつ、かまぼこ板、そうめんなどの保存箱など、食品に多く使われてきました。
その理由は、もみの木のもつ自然由来の調湿、殺菌効果を期待したものでした。

そんなもみの木をなぜ家に使うのか、それは、食品に良いということは、人にも良いという
発想からです。食品を保存できるもみの木は、人が長い時間を過ごす家に最適であると。

では、具体的にもみの木にはどのような性質があるのでしょうか。

もみの木は化学物質を分解し、空気をきれいにしてくれます。

もみの木の家は、部屋のなかが森の中にいるような空気の家です。

もみの木からは、“フィトンチッド”と呼ばれる天然成分が半永久的に放出されます。
その中の香りの成分、テルペン(森の香り)は、シックハウス症候群の原因のひとつである、ホルムアルデヒド等を化学分解し、空気をきれいにします。

住宅見学会や友人宅など新築の家に入ると、新築特有の匂いを体感したことはありませんか?

あの匂いは、接着材や建築資材に含まれる成分から放出されている匂いです。シックハウス症候群の抑制のため、現在の建材は、特定の化学物質が建材より一定の基準値以上、放散されることがないよう法律で規制されています。

その基準値の最も厳しいF☆☆☆☆という建材のみを使用したとしても、残念ながら特有の匂いを発します。その匂いすべてがホルムアルデヒド等の化学物質というわけではありませんが、決して体に良いとは言えません。

しかし、もみの木を内装材に使用すると、その匂いがありません。テルペンによって化学分解され、空気が浄化されたためです。もみの木は、やさしい木の香りがします。元々、もみの木は香りの弱い木であるため、ほんのりとした木の香りです。

 

もみの木は湿度を感知して、ちょうど良い湿度に調節してくれます。

室内湿度は、高すぎても低すぎても良くありません。

もみの木の床は、やさしい感触で夏涼しく、冬暖かい床になります。

湿度が高いと結露やカビ、ダニを繁殖させ、一方、湿度が低いと風邪やウィルスが繁殖しやすい環境になってしまいます。快適な室内湿度は、50~65%と一般的に言われていますが、もみの木を内装材に使用すると、もみの木の調湿作用により、その快適な湿度に近い範囲に自動的に調節してくれます。

湿度が一定であるということは、夏の暑いときは、もみの木の床はさらっとして涼しく、冬の寒いときは、もみの木の床から熱を奪われないから暖かい、快適な空間を生み出してくれます。

過剰な湿度により、カビやダニが発生している家は、それをエサとする害虫が集まりやすくなります。もみの木でつくる家はそのエサが少ないことから、おのずと害虫の住みにくい家になります。また、フィトンチッドには抗菌効果もあるため、その効果も相まって害虫が寄り付きにくい家になります。

 

もみの木は部屋の嫌な匂いを分解して、消臭してくれます。

キッチンやトイレ、ペットやタバコの匂いなど、普段だと生活臭が気になる家も、もみの木を内装材に使用すると生活臭を感じなくなります。それは、もみの木から放出されているフィトンチッドの効果です。

もみの木の床は、やさしい感触で夏涼しく、冬暖かい床になります。

脱臭効果のある炭などは、小さい穴に匂い成分を吸着させ脱臭します。穴に匂いを閉じ込めるということは、すべての穴が埋まってしまうとその効果がなくなってしまいます。

一方、もみの木は、消臭効果です。
フィトンチッドにより匂い成分が化学分解されて消臭します。フィトンチッドはもみの木が呼吸するたびに放出されますので、半永久的に消臭効果が持続します

 

このようにもみの木には様々な作用があることがわかります。
なぜ、もみの木を使うと健康な住まいになるのか、

もみの木を床、天井などに使用する
もみの木の効果1
空気の浄化、調湿効果、消臭効果等
(半永久的に放出されるフィトンチッド)
もみの木の効果1
病気の原因の発生が抑えられる
(化学物質やカビ、ダニなど)
もみの木の効果1
その結果、喘息やアレルギーなどが和らいだ
とのお施主様からの声
もみの木の効果1
健康な家づくりを望まれる方に、
もみの木をご提案

実は、もみの木には、まだまだ魅力的な性質があります。
実際“普通の家ともみの木でつくる家を比べるとどうなのか?
それは、直接、体で感じていただければ分かります。

木材は種類だけでなく加工や乾燥方法など手法によって性質が変わります。
場所や用途、目的に応じて使い分ける必要がありますので、
ご希望の家の話を聞かせていただく際に、最善のものをご提案させていただいております。

詳しくはお問い合わせ、もしくは展示会会場でお尋ねください。

 

安全な家とは?≫

ToP