安心をお届けするために保障制度を充実させています

はじめに

ローコスト住宅

品質優先の考え

営業エリア

お知らせ

4つのテーマ

快適な家

健康な家

・耐震と制震構造

安心な家

会社について

会社概要

アクセスマップ

お問い合わせ

資料請求

エクストラ

フォトギャラリー

OBのお施主様へ

サイトマップ

サイトポリシー

  1. 山下住宅山下住宅
  2. 4つのテーマ
  3. 安全な家

強固な構造と制震構造で、災害に強い家

平穏な日常を守るために私たちは、災害に強い家づくりを提案しています。

制震構造はこちら

家の強さは、諸条件により変わりますが、基本的には“耐力壁”によって決まります。
耐力壁といっても、壁であれば、全て耐力壁という訳ではなく、壁の内部の構造により、大きく2種類に分けることができます。

“線材による耐力壁”と“面材による耐力壁”の2種類です。

家族の安全を守るために、耐震と制震で強固な家をつくります。

強い家のために、筋交いなどの線材による耐力壁

線材は、筋交い(壁の枠に対し、斜めに入っている柱のようなもの)による耐力壁で、地震や台風のような力に対して、つっかえ棒のような働きで家を支えます。一定の力の向きに対してのみですが、粘りのある抵抗力を示します。

強い家のために、耐震パネルなどの面材による耐力壁

面材は、耐震パネル(壁の枠に対し、全面に張る板)による耐力壁で、壁全体で力を受け止め分散することで支えます。多方向の力に対し抵抗力を示し、耐力壁としての強さとしては、線材に比べ高い強度を示します。

災害に強い家は、力の流れを計算し、バランスよく配置することが重要です。

どちらも力に対し有効ですが、面材の方を用いる方がより強固な家になります。

面材の方が強いことから耐震パネルをメインに考え、構造計画を行っています。
私たちの使用している耐震パネルは、国内過去最大級地震を再現した地震波で連続5回加振させても倒壊しないことが証明されたものを使用しています。

ただし、構造計画上、“ただ耐震パネルを使えば良い”というわけではありません。
家全体の中で、間取りや形状により力の流れを把握し、線材と面材をバランス良く配置することで始めて、地震や台風などの災害に強い強固な家になります。

その他にも地盤、基礎、接合金物や剛床等、強固な家にするための工夫がたくさんあります。
構造体は完成時には見えなくなる部分です。だからこそ、より確実につくっています。

家づくりを考える上で、より災害に対して強くする方法があります。
それは、地震や台風などによる揺れを吸収する制震構造というものです。
耐震+制震で、さらに災害に強い制震住宅の完成です。

制震住宅とは?≫

ToP